何種類もの筋肉が複雑にあることで、繊細な動作が出来る場所です。
左右の違い、動作の確認をして表面・深部の筋肉の緊張が強い所を徹底的に見つけます。
当院では、関係している部位を説明させて頂き、同時に施術します。

どんなお悩みがあるのか

・仕事でパソコンを頻繁に使い、痛みが出る
・携帯の使いすぎはわかっているが止められない
・使い過ぎで肘から手にかけて突っ張りがあり、手首を動かすと痛みが出る
・肘から手にかけての筋肉が張っているのはわかるが、揉んだりマッサージしても効果が感じられない

どんな病名の方が施術を受けるのか

・肘部管症候群
・肘外側上顆炎(別名:野球肘)
・内側上顆炎(別名:テニス肘)

・ガングリオン
・手根管症候群
・腱鞘炎(ド・ケルバン病)
・弾発指(ばね指)
・突き指

当院の施術の特徴

肘・手について

痛む部位はもちろんのこと、動作のクせや使いすぎによる疲労も考慮しながら、関係する箇所すべてを施術します。
痛みの要因が、上部(首や肩など)の可能性もあります。大本となる要因を改善しなければ、一時的に痛みが緩和されても、再発してしまいます。そのため、首のはりで行う板状筋刺鍼を行います。更に何種類も重なり合わることで細かく動かせている肘から手の筋肉への刺鍼も一緒に施術します。
手は使わず安静にしておくことが難しい場所です。そのためテーピング処置を行うことで、普段使うときの負担を軽減する方法も、合わせて提案させていただきます。

どのくらいの期間で良くなるのか

肘や手の動きを減らす必要があります。そのため、個人差が大きく影響します。

初回はカウンセリングと施術を行いますが、カウンセリングをじっくり20分ほど行います。もちろん1回目で良くなる方もいらっしゃいますが、当院では3回以上の施術をおすすめしております。2回目は1回目で施術したはりの反応を伺い、強さや施術箇所を調整します。3回目は2回目で施術したはりの反応を参考に、よりお客様に合わせた施術を行います。3回施術を受けていただくと、当院のはりの効果を実感いただけると思います。

はりの副作用として、次の日に体がだるくなる方もおられます。そのため1回目、2回目、3回目と、段階を追ってはりを強くしております。また「悪化したくない」「メンテナンスとして」「今の状態を維持していたい」方も多く、6回以上続けられている方が当院では50%を超えております。そのような方は、月1回施術にお越しいただいております。

どのような効果があるのか

痛みの緩和に加え、筋肉の張りや疲れが取れている感じになります。

価格表

初回診療
税込 3,000円
2回目以降
税込 6,000円

お客様の声